寒中見舞いや喪中はがきのマナー

「寒中見舞い」「喪中はがき」「喪中」の知っておきたいマナー

「年賀状を送っていない人から年賀状をもらった」「松の内(元旦から7日まで)に年賀状を送っていない」「喪中の人へのご挨拶はどうしたらいい?」など、そんなときに活用したいのが「寒中見舞い」です。「寒中見舞い」には、いろいろな使い方ができることをご存じですか? ほかにも「喪中はがき」の役割やタイミング、失礼のない書き方などを紹介します。

「でも、喪中はがきや寒中見舞いを書くのは初めて」という人も多いことでしょう。そこで今回は、喪中はがきや寒中はがきの文章例を紹介していきます。

こんなときに使いたい「寒中見舞い」の具体例

「寒中見舞い」は、一年の中で寒さが最も厳しい時期に送る“冬の便り”のひとつです。相手の体調を気遣うとともに、こちらの近況を伝えます。季節のご挨拶である寒中見舞いはがきは、ほかにもいろいろな使い方ができるので、いくつかの具体例を紹介します。

松の内を過ぎてから使う
  • 年賀状を出すのが遅くなり、松の内を過ぎてしまった場合。
  • 年賀状の返礼を松の内に出していない場合。
  • 年賀状を投函したあと、年末にお歳暮をいただいた際のお礼状。
喪中の方宛に使う
  • 喪中の方へ、年賀状の代わりに出すご挨拶。
  • 喪中の方に年賀状を出してしまった場合のお詫びの手紙。
喪中の方が使う
  • 喪中と知らずに年賀状をくださった方に欠礼のお知らせ、もしくはお返事として使う場合。
ちょっと変わった使い方
  • まとめて届く年賀状は、どうしても受け取る方の印象が薄れがちになります。ビジネスシーンでは、年賀状は仕事始めのときに見たりするものです。そこで、あえてタイミングを少しずらした「寒中見舞い」を出すことで、取引先に印象を残すという使い方も考えられます。

「寒中見舞い」の構成

「寒中見舞い」は、もともと「相手の体調を気遣う便り」です。そのため、出す時期や基本的な内容を押さえておくべき。寒中見舞いには、年賀はがきを使用してはいけません。内容から考えて、デザインはシンプルでシックなものがいいでしょう。

「寒中見舞い」の基本的な内容

「寒中見舞い」は、時候の挨拶や理由(喪中やお礼の言葉など)、近況報告、相手の体調を気遣う言葉などを簡潔に盛り込みます。段落の書き出しは、1文字下げて書くと美しいレイアウトになります。

  1. 1. 寒中見舞いの挨拶:冒頭の挨拶ですので、少し大きめに書きます。
  2. 2. 時候の挨拶:省略することもできます。
  3. 3. 寒中見舞いの理由:状況によって内容が変わります。
  4. 4. 近況報告:具体的に書く方が喜ばれます。
  5. 5. これからのおつき合いをお願いする言葉:挨拶状として使う場合に書きます。
  6. 6. 相手の体調を気遣う言葉:「寒中見舞い」本来の目的なので、必ず書きましょう。
  7. 7. 日付

「喪中はがき」の基本的なマナー

「喪中はがき」は、その年に身内に不幸があった場合、年賀状を毎年送っている相手に、新年の挨拶を欠くことを事前にお知らせする挨拶状(年賀欠礼)です。

「喪中」とは

近親者が亡くなった場合、それを悲しむ者が過ごす一定期間の儀礼をいいます。喪中の期間は、12ケ月~13ケ月の一周忌法要までが一般的です。「忌中(きちゅう)」は、神式では五十日、仏式では四十九日法要が終わるまでとされています。

「喪中欠礼」「喪中はがき」の範囲
  • 喪中欠礼とする近親者の範囲
    故人との関わりや本人の気持ちもありますが、一般的には、一親等(父母・配偶者・子)と二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)までです。
  • 「喪中はがき」を出す相手の範囲
    年賀欠礼の挨拶状なので、毎年年賀状を交換している方に出すのが基本です。自分とは面識がなくても、故人が年賀状をやり取りしていた相手には、できる限り送った方が良いでしょう。しかし最近では、喪中であることを改めて連絡する必要のない「身内」には出さない場合もあります。ほかにも、仕事上の取引先に気遣いをさせたくないという理由で、年賀状のやり取りをする場合もあります。
  • 「喪中はがき」の選択
    シンプルなものが基本です。普通はがきや市販のはがき用紙で書いても問題はありませんが、派手な色使いや変わった書体は避けるべきです。市販の喪中はがきでは、落ち着いたイラストと色合いのはがきもあります。切手は郵便局で「弔事用切手」が販売されています。
「喪中はがき」に記載する故人の年齢は?

「喪中はがき」に記載する故人の年齢は一般的に「数え年」です。生まれた時点を1歳、それ以降に元日(1月1日)を迎えるごとに1歳ずつ加えます。

  • その年の誕生日を迎えていない場合は、満年齢+2歳が「数え年」になります。
  • その年の誕生日を迎えていた場合は、満年齢+1歳が「数え年」になります。

「寒中見舞い」は、年賀状でご挨拶できなかった場合に補ってくれる便利な書状です。「喪中はがき」は出すタイミングがとても大切です。相手のことを気遣った「寒中見舞い」「喪中はがき」は、正しく使うことでお互いの絆も深めることができます。