寒中見舞いや喪中はがき文例集

初めての寒中見舞い・喪中はがきの文例集

間もなくやって来る年賀状の季節。しかし、「今年は喪中なのでどうすればいいのだろう」という人は、通常の年賀状ではなく、喪中であることを伝える喪中はがきや寒中見舞いを書くことになります。

「でも、喪中はがきや寒中見舞いを書くのは初めて」という人も多いことでしょう。そこで今回は、喪中はがきや寒中はがきの文章例を紹介していきます。

喪中はがきの文章例

それでは、喪中はがきの一例を見てみましょう。ある一定のパターンが決まっているので、そのパターンに沿って書けば相手に失礼のない文面ができあがります。

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
○月に○○が○歳にて永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
なお向寒の折から皆様にはご自愛のほどお祈りいたします
平成○○年十一月(もしくは十二月)

喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます
本年○月に○○○が永眠いたしました
新年のご祝詞を申し上げるところ喪中のため欠礼させていただきます
明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます
平成○○年十一月(もしくは十二月)

最初に年賀状を遠慮する旨を書きます。その後、喪中の状況を説明し、感謝の意を添えます。 また、喪中はがきには「前略」「拝啓」「敬具」といった頭語や結語は不要です。

寒中見舞いの文章例

続いて、寒中見舞いの一例を見てみましょう。こちらもパターンが決まっていますが、寒中見舞いには役割がいくつかあり、その役割によって若干の違いが出てきます。まずは、寒い季節の挨拶として出す場合です。

寒中お見舞い申し上げます。
毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
(簡単な近況報告)
本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
この冬は例年になく寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さいませ。
平成○○年一月

このように、まず寒中見舞いの意味合いを示す一文から始まり、相手を気遣う言葉、近況報告などでまとめます。 年賀状の代わりに書く場合は、どのようになるでしょうか?

寒中お見舞い申し上げます。
早々のお年賀状、ありがとうございました。
昨年、○○が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。欠礼のお知らせも申し上げず、大変失礼いたしました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
平成○○年一月

寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。新年のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。
新しい年のご多幸と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げますと共に本年も変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。
平成○○年一月

最初の一文は同じですが、その後にいただいた感謝の意を伝えて、年賀状を遠慮した旨、もしくは遅れた旨を説明し、年賀状同様、新年も変わらぬお付き合いをお願いする文面で締めます。

知っておきたい寒中見舞い・喪中はがきの豆知識
  • 「喪中はがき」は薄墨を意識して、文字の濃度を薄くしなければならないのか、気になる方もいると思いますが、文字は黒で問題ありません。
  • 「寒中見舞い」の「寒中」とは、二十四節気の「小寒」と「大寒」にあたる期間です。その寒中の書状なので「寒中見舞い」となります。「大寒」が過ぎると「節分」です。そのため、「節分」(2月3日)までに送るようにしましょう。「節分」の後には「立春」が来ます。「立春」以降は、暦の上では春。しかし、この頃は春になってもまだ寒いということから「余寒」と呼ばれます。「立春」以降の挨拶状は「余寒見舞い」といいます。

便利なのがネット注文

以上のような文例があるものの、「やっぱりちょっと大変だよなあ」と思っている人には、スマホやネットで印刷するサービスという選択肢もあります。

スマホやネットで印刷するサービスのいいところは、喪中はがきや寒中見舞いの例文やテンプレートが数多く用意されているので、自分の好みの文面やデザインで作成できることです。しかも、文面の編集も簡単にできるように設計されており、オプションで宛名を印刷してくれるサイトもあるので、自分で一枚一枚作成する手間も省けます。

どういう文面が良いか迷ってしまったときは、スマホやネットで印刷するサービスのテンプレートを頼みにするのがおすすめです。サンプルにはマナーに欠けるような文面はなく、意外に時間がかかる印刷を全てお任せできます。 何かと忙しくなる年末、スマホやネットで年賀状を印刷するサービスを使ってみてはいかがでしょうか?