お正月用語の使い方

意外!?「謹賀新年」「迎春」「賀正」・・・・・年賀状に使う言葉にはそれぞれ別の意味があった!

「もういくつ寝るとお正月」という歌が聞こえてくる季節がやってきました。そして、そのお正月に届くものといえば年賀状です。毎年送っている方、「今年こそは!」と意気込んでいる方、毎年「面白い年賀状だなあ」と受け取った年賀状を感心している方、いろいろいるかと思いますが、年賀状に使う言葉を意識したことはあるでしょうか?「謹賀新年」「迎春」「賀正」など、いろいろな言葉が使われていますが、実はそれぞれに違う意味があるのです。そして、使い方を間違えると、とんでもないマナー違反を犯していることになります。
そこで今回は、年賀状に使う言葉の正しい意味を紹介します。

年賀状に使う言葉の正式名称

「謹賀新年」「迎春」「賀正」などは、年賀状によく使われる新年を祝う言葉ですが、本来は年賀状に限らずお祝いで用いられる言葉です。これらの言葉を総称して「 賀詞(がし) 」と呼びます。この「賀詞」は、一文字のもの、二文字のもの、四文字のものがありますが、この文字数が大きな意味を持っていたのです。

「賀詞」のそれぞれの意味

四文字の「賀詞」の代表例といえば「謹賀新年」と「恭賀新年」です。「謹賀新年」は「謹んで新年をお祝いいたします」、「恭賀新年」は「うやうやしく新年をお祝いいたします」という意味になり、両方とも自分をへりくだって表現している言葉です。二文字の「賀詞」の代表例には「賀正」「新春」「迎春」があり、それぞれの言葉の意味は「正月を祝います」「新しい年ですね」「新年を迎えましたね」というシンプルなものです。一文字では「賀」「寿」「福」などがありますが、どれも「おめでたいですね」という意味になります。

これらの意味から使い分けを

以上から、四文字の「賀詞」と二文字・一文字の「賀詞」とでは、なんとなく雰囲気が違うようです。そして、その違いを踏まえた使い分けが必要になります。四文字の「謹賀新年」「恭賀新年」は「目下の人から目上の人へ」使う言葉で、二文字・一文字の「賀正」「迎春」「寿」などは「目上の人から目下の人へ」使う言葉なのです。つまり、会社の上司や年上の親戚に対する年賀状で「賀正」「迎春」「寿」を使うのは、なんとも失礼なマナー違反になってしまうのです。

どのような年賀状が失礼にならないのか

それでは、どのような年賀状だと失礼にあたらないのでしょうか?そもそも年賀状は相手を敬い送るもの、礼節を重んじるものという前提に立つと、自分自身が謙虚になり、相手を立てた文面が必要となります。そういう意味でも、四文字の「賀詞」である「謹賀新年」「恭賀新年」は相手が誰であれ、失礼にはあたらない言葉になります。
しかしながら、添える言葉によっては「賀詞」の意味を台無しにしかねないので、失礼にあたらないような無難な内容にまとめておくと良いでしょう。また、「謹賀新年」「恭賀新年」と「あけましておめでとうございます」は同じ意味を持っているので、併記すると違和感がある年賀状になってしまいます。

知っておきたい「元旦」「元日」の違い

さらに、年賀状に使う言葉として「元旦」と「元日」の違いは何かということが話題になります。例えば、「平成三十年元旦」と書くのが正しいのか、「平成三十年元日」と書くのが正しいのか。一般的には「元旦」を使用することが多いのですが、実はどちらも正解で、その違いは「元旦」「元日」の意味からきています。
「旦」という言葉には「夜明け・日の出」という意味があり、「元旦」というのは「一月一日の朝」を意味しています。厳密にいうと、一月一日の昼過ぎには「元旦」ではなくなってしまいます。逆に、「元日」は「一月一日終日」を意味しています。それではなぜ「元旦」が多く使われるのか・・・・・。これは、年賀状の実際の配達時間に関わらず、「一刻でも早く新年のあいさつや敬う気持ちを相手に伝えたい」という思いから使われているというわけです。
また、明らかに一月一日に到着しない年賀状(遅れて出してしまう場合など)には「新春吉日」など、あえて「元旦」「元日」を使うのを避ける方法もあります。

相手を敬う気持ちを忘れずに

いかがでしたか? 何気なく使っている年賀状の言葉にも、細かい意味の違いがあるのです。その意味の違いを考慮しながら、年賀状を作成してみましょう。受け取る相手のことを敬いながら作る年賀状であれば、その気持ちがしっかりと伝わるはずです。